大阪・エクスポシティー
  ニフレルで泳ぐ魚たち
 ( 2017.01.10 )

 大阪府吹田市のエキスポシティー内にある生きものミュージアム「ニフレル」を訪ね、水槽で泳ぐカラフルな魚たちや、コツメカワウソなどの可愛い動物を観てきました。

    館内の展示水槽 どの方向からも観ることが出来るように
                アクリル製(?)のカップ型になっている。


エキスポシティー と ニフレル

 今から40数年前(1970年)に大阪府吹田市で大阪万博が開催されたが、エキスポシティーは2015年11月にその跡地にオープンした日本最大級の大型複合施設。そこにいくつかある施設の一つが水族館と動物園と美術館が融合した新感覚のミュージアム「NIFREL(ニフレル)」だ。

エキスポシティー (左の白い建物がニフレル)

 ニフレルは「感性にふれる」をコンセプトにした”生きものミュージアム”(水族館・動物園)で、技に触れる(テッポウウオが餌を撃ち落とす技)、姿に触れる(ハコフグの奇妙な姿)・・・など、”触れる”をキーワードにした幾つかのコンセプト毎に魚やエビなどの「生きもの」が飼育展示されている。

ニフレルの入館口 10時の開門と同時に入った(笑)


ニフレルという名前の由来
   感性にふれる、感動にふれる、驚きにふれる、
   水にふれる・・・の「〇〇にふれる」からとった造語。
運営会社:株式会社海遊館

所在地:大阪府吹田市千里万博公園2-1
営業時間:10:00~20:00
休館日:年中無休
入館料:1,900円
アクセス:地下鉄・阪急・京阪の各駅から大阪モノレールに
       乗って万博記念公園駅で下車、徒歩2分
問い合わせ先:ニフレルインフォメーション 0570-022-060



館内で出会った生きものたち

 「〇〇にふれる」をキーワードにして、館内は7つの展示ゾーンが設けられているが、ここでは「色にふれる」「技にふれる」「姿にふれる」「動きにふれる」・・・の4つのゾーンで展示されている生きものたちを紹介しますね。

色にふれる

 赤・青・黄色・・・美しく澄み切った13台の水槽で泳ぐ色鮮やかな魚たちが展示されている。

「いろにふれる」ゾーンの一部 めっちゃカラフルだ

キイロサンゴハゼ ルリスズメダイ

カラフルな魚たちが泳ぐ動画

 右の写真をクリックすると、6種のカラフルな魚たちが泳ぐ姿を動画でご覧いただけます。
  写真をクリックすると、画面の下に横長の
  細い帯が現れるので、その中のファイルを
  開くをクリックしてください。動画の再生が
  始まります。
このページに戻るには、動画の画面の右上に
ある×印をクリックしてください。

カラフルできれいな水槽


技にふれる

 水を噴く・砂に隠れる・周りと同じ色に変化する・・・。私のお目当てのテッポウウオを初めとして、トビハゼやカブトガニなど、オリジナリティーあふれる技を見せてくれる生きものたちが展示されている。

「わざにふれる」ゾーンの全景

カイカムリ 海綿やサンゴなどを被って
カムフラージュする技をもっている。
フリソデエビ ウニやヒトデを捕食する。
体色は警戒色だと考えられている。

テッポウウオ
テッポウウオの技
 ご承知のように、光の屈折率は空気中と水中では異なるため、もし水の中にいる魚が空気中の獲物を水鉄砲で撃っても、水は的を外れて上手く当たりません。当てるためには屈折率の差を計算して撃つ角度を修正する必要がありますが、テッポウウオはその計算を瞬時にやってのけて、水鉄砲を撃つ”わざ”を身につけています。スゴイ能力だと思われませんか?

テッポウウオの動画

 右の写真をクリックすると、水鉄砲を使って(口から水を噴出して)空気中にある獲物を撃ち落とすテッポウウオの姿を動画で覧いただけます。途中からスローモーション(ハイスピード動画)になっています。

ゴンズイ(背びれと胸びれに毒がある)

生きる技をもつ生きものたちの動画

 右の写真をクリックすると、生きるための珍しい技をもった3種の生きものを動画でご覧いただけます。
  アメリカカブトガニ
   生きている化石
  オーシャンブルージョーフィッシュ
   砂に穴を掘って巣作りをする
  ミナミトビハゼ
   皮フ呼吸により、空気中でも活動できる。


姿にふれる

 箱形をした魚や倒立したままで泳ぐ魚など、私たちの常識を超えた姿をした生きものたちの不思議な姿が見られる。

水槽の魚を浮かび上がらせるために、部屋の照明を抑えている。

ミナミハコフグ(体が四角) ダイオウグソクムシ(ダンゴムシのオバケ)

チンアナゴ(砂の中から半身を出してエサを探す)

マツカサウオ(闇の中でウロコが光る) オウムガイ(5億年も前から地球にいる)

ハナミノカサゴ(毒針をもった海の女王さま)

コンゴウフグ(牛みたいな顔) ヘコアユ(倒立して泳ぐ)

ボロカサゴ(ここまでして変装しなくてもよいのに)


動きにふれる

 ペンギンやワオキツネザルやペリカンなどの生きものたちが自由に動きまわる姿を、手を伸ばせば届くような距離で見ることができる。

入り口を入った途端、いろんな生きものが目に飛び込んでくる。

アナホリフクロウ カ ピ バ ラ
(フクロウちゃんは首を2・3回まわしただけ、カピバラ君は眠ってばかり・・・)
ねぇ君たち、ここは動きを見てもらうコーナーなんだから、少しは仕事をしなさい!(笑)

コツメカワウソの動画

 右の写真をクリックすると、ワオキツネザル・モモイロペリカン・コツメカワウソの姿を動画でご覧いただけます。コツメカワウソがバスケットのブランコで遊ぶ姿はメッチャ可愛いです。(笑)

ケープペンギン(ペアになれない独り者はかわいそう ^^;)


 生き物の姿はみんな可愛いです。今回も朝10時の開門から入って昼食のために一旦退館し、午後から再入館したので、合わせて3時間ほど館内に居ました。今年に入って初めて作るページなので、たくさんの動画も使って気合いを入れて作ったのですよ。(笑)


 電子雑記帳のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。