明石海峡のメバル釣り 2016
  ( 2016.03.27 )

 今年の初釣りで、明石海峡へメバル釣りに行ってきました。「今ごろ初釣り?」と思われるでしょうが、その辺の事情は後ほど。で、メバルは釣れたんでしょうかねぇ。(笑)

明石海峡大橋を背に、播磨灘東部の釣りポイントへ向かう



明石浦漁港から出船

 6時前に6人のメンバー(プラス1人のゲスト)が明石浦漁港に集結。7人が鍵庄の小船に乗って本日のポイントである播磨灘の東部を目指した。午前中は晴れの予報だったのに曇り空で、気温が低くて海の上を走ると冷たい風が肌を刺す。何となく良からぬ予感が・・・。



魚影を求めて西へ東へ

 明石海峡大橋の西方(林崎あたりの沖合)で釣り始めたが、あまりアタリが無い。しばらく流した後で淡路島の北西沖へ移動した。が、ここでもパっとしない。ここでもしばらく粘ったが、イマイチなのでまたポイントを変え、最後はまた元の場所に戻った。船頭さんも潮を読みながら魚影を探して奮闘してくれているのだろうけど・・・。

釣りのポイントを移動する船から

 右の写真をクリックすると、淡路島北端の沖から西へ向かって疾走する釣り船からの景色を動画でご覧いただけます。

 このページに戻るには、動画の画面の右上の×印をクリックしてください。


食いが渋い中でポツポツと

 今日はホンマに食いが渋い。ネットで最近の釣況を見たメンバーの一人が、出船前に「ここんとこ、釣れてまへんでぇ」と言っていた通りになった。それでも何尾かのメバルが釣れたので、その写真をば見てくださいましぃ。



山崎さん

 ポイントに着くといつも真っ先に釣り上げる。今日もそのジンクスは生きていた。



武蔵さん

 食いが渋い中で、5尾も釣って本日の竿頭に。



栗原さん

 今春からクラブに復帰しての初釣行。なのに、本命を2尾釣ったのは立派。






水谷さん

 いつも調子よく釣るんだけど、今日はアカンかったようだ。



ゲストのNさん

 時々うちのクラブの釣行に参加する。




角田会長

 今日はあまり調子が出なかったようだ。



BUNさん

 今日は久しぶりに”本命ボーズ”をくらった。(涙) 笑顔の写真を撮った時は釣り始めた時で、まだ余裕があったのだけれど・・・。


1時前に納竿した

 いつもなら悪いなりにもそこそこの釣果があるのに、今日に限っては本当にアカンかった。で、船頭さんも気を遣ってくれたのか、普段は12時過ぎには納竿するところを、今日は1時前まで釣らせてくれた。

 1時半頃に港に帰ってきた。中乗りさん(船頭さんの次男)のS君が釣ってくれた8尾を加えて釣果を等分すると、22〜20数cmのメバルが2〜3尾と、同型のガシラが4〜5尾あたった。

釣果を前に全員集合 みんな冴えない顔をしてる。(苦笑)


 冒頭に「今頃になって今年の初釣り」と書きましたが、その事情とは・・・。
まず、冬場(年明けから3月の中頃まで)はこれといった「釣り物」が無い、ということ。また、メンバーの7割方が後期高齢者ですからして、寒さには滅法弱いのです。(笑) よって、3月も下旬になって暖かくならないと始動できない、というワケです。(←土の中で冬眠してる虫みたい)

 そんな現状を打破しようと、どこかの球団の真似をして”超変革”のスローガンを掲げようとも考えたのですが、やっぱり無理なようです。(笑) 今年もそんなエエ加減なメンバーが織りなす釣行レポートを載せたいと思っておりますので、どうぞご期待ください。


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。