鳴門海峡のマダイ釣り 2016
  ( 2016.05.28 )

 渦潮見物で有名な鳴門海峡へタイ釣りに行ってきました。「鳴門のタイ釣り」はクラブの定番釣行ですが、今年は釣れたのでしょうか。(笑)
                   ニコニコ ← どうやら、釣れたみたいよ。

大鳴門橋 橋の手前が四国の鳴門で、奥が淡路島の南端・福良



鳴門の亀浦漁港を出船

 メンバー6人にゲストの2人を加えた8人が早朝の亀浦漁港を出船。あと3週間もすれば夏至なので、5時にはすっかり明るくなっている。が、明るくなってはいるものの、快晴とは言えずにどんよりと曇っている。その方がよく釣れるというもんだ。(←負け惜しみ) 港を出てすぐに西方(瀬戸内海)に向かい、大鳴門橋がすぐそばに見えるポイントで釣り開始。

大鳴門橋がすぐそこに見える場所で釣り開始。 さぁ、釣るゾ〜!


本命はボツボツと・・・

 8人のうち水谷さんと山内さんの2人はタイラバ仕掛け(疑似餌)で釣り、あとの6人は餌釣り(青ごかい)をした。釣り始めて間無しに信行さんと後藤さんに本命が。ピンクの地に散りばめられたサファイアブルーの斑点がたまらなく美しい。やっぱ「魚の大様」と呼ばれるだけのことはある。(笑)



信行さん
 本日の第一号を上げた。その後も順調に釣って5尾を釣り、8人の中で2位に。



後藤さん
 この後もっと大きなタイを2尾上げた。

BUNさんが釣った外道(げどう=本命ではない魚)
ヨコスジフエダイ マルアジ
ヨコスジフエダイ・・・
 この魚を釣り上げた時は名前が分からなかった。船頭さんに聞いても「こんなん、初めて見た」という。この海で何十年と漁師をやってきた船頭さんが「知らない」というくらいだから、よほど珍しい魚なんだろう。

 帰宅後に魚類図鑑で調べたところ、フエダイ科のヨコスジフエダイだと分かった。南日本・韓国南部・台湾などに棲む暖海性の魚らしい。別の釣魚図鑑で調べたら、食味評価は「三つ星」だった。(満点は5点) 「不味くはないよ」という程度の食味なんだろう。(笑) くじ引きでこの魚を引き当てたメンバーに「味はどうやった?」と聞こうと思いながら、まだ聞けないでいる。



角田さん

 うちのクラブの会長さん。
いつもそうだけど、今日も知らない間にキッチリ3尾釣っていた。(笑)



水谷さん

 「昨年のリベンジだ」と言って、今年もタイラバ仕掛けで釣った。念願の大物(40cm越え)を上げて大満足。いい笑顔をしてる。(笑)

 BUNさん 貧果を覚悟で新しい釣り方(タイラバ)に挑戦する2人の分もカバーしようと、頑張って釣った。その結果かどうか分からないけど、22〜36cmの本命を7尾釣って竿頭に。(笑)


12時半に納竿して帰港

 潮の具合も悪くなってきたので、12時半に納竿した。餌釣り組はそこそこ釣れたんだけど(ならして3尾位)、疑似餌組の2人は今年も良くなかった。港に帰って釣果を等分すると、20cm強〜40cmのマダイが3尾ほど当たった。他にガシラ(カサゴ)やアジなども少しずつ。 ま、こんなもんかな・・・と言う感じ。(笑)

本日の釣果を前に。 お疲れさん!


 私の味の好みを言わせてもらえれば、マダイよりも美味しい魚がいっぱいあるけれど、釣り味(鈎に掛かったときの引きの強さなど)や姿形からいって、釣りの対象魚としてはやっぱりマダイが一番かな・・・と。(笑)


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。