鳴門海峡のマダイ釣り 2017
  ( 2017.05.28 )

 淡路島と四国(徳島)の間に横たわる鳴門海峡はうず潮見物で有名ですが、その海峡に架かる大鳴門橋のすぐ近くの海でマダイを釣ってきました。

魚影を求めて大鳴門橋のすぐ近くを移動



早朝の亀浦漁港を出船

 クラブのメンバー5人にゲストの2人を加えた7人が5時すぎに亀浦漁港に集結。間もなく釣り場に向けて出船した。

 右の写真をクリックすると私たちが乗った釣り船が、早朝の亀浦漁港を
出港する様子を動画でご覧いただけ
ます。
 (画面の下に幾つかのメニューが出た場合は、「ファイルを開く」をクリックしてください)



 


ポツポツとマダイが

 港を出て10数分も走らないうちに今日のポイントに到着。大鳴門橋の西側(播磨灘)で釣りを開始。みんなポツポツと本命を釣り上げ始めた。

大鳴門橋のすぐ西側で釣り開始。 水面を渡ってくる陽光が眩しい。


 タイラバ仕掛けにマダイがきた

 今日のメンバー7人の内の2人がタイラバという疑似餌で釣ったが、その内の一人水谷さんが真っ先に良型のマダイを釣り上げた。が、その後のタイラバ仕掛けの2人の釣果はゼロ。
 水谷さんほどの実力があれば、もしタイラバでなく、他の人と同じようにエサ釣りをしていたら3〜4尾は上げていただろう。前から思っていたが、やっぱりタイラバ仕掛けで釣果を期待するのは無理があるようだ。次回からは全員がエサ釣りに統一しようと思う。



 タイラバ仕掛け(疑似餌)
水谷さん(43cmの良型マダイ)



 他のメンバーも次々と

 タイラバ以外の5人はエサ(青ゴカイ)を付けるオーソドックスな胴突き仕掛けで釣った。水深が50〜70mの底ちかくを釣るので小型のマダイ(カスゴ級)ばかりかと思ったが、意外にも40cmクラスのマダイも3尾上がった。

後藤さん 食いが渋いなかで、5尾も釣って竿頭に。



角田さん

 今日はイマイチ調子が出なかった。



信行さん

 仕掛けを扱いづらかったようだ。昨年は5尾も釣ったのに。

BUNさん 48cmの良型マダイを

調子が良かったのは朝のうち中だけ

 まずまずの釣りが出来たのは朝の内だけで、9時を過ぎるとアタリが遠のいた。船頭さんは気を遣ってあちこちとポイントを変えてくれるが、どこもパっとしない。大鳴門橋の下をくぐって橋の東側(紀伊水道)で釣ることになった。

 右の写真をクリックすると、私たちが乗った釣り船が大鳴門橋の下をくぐる様子を動画でご覧いただけます。



釣れない〜〜! ヒマ〜!

40cmのメゴチ 天ぷらにすると美味い

 橋の東側(紀伊水道)でもアタリがでないので、元の釣り場に戻った。みんな一所懸命釣っているのに、全く釣れない。
 釣れないから他にすることがない、ヒマや〜。(涙) ヒマに任せて外道(げどう=本命でない魚)の写真を撮ったり、うず潮見物を終えて港に帰ってきた観潮船を撮ったり・・・。(笑)

うず潮見物の観潮船


1時前に納竿して帰港

 これ以上ねばっても釣れる見込みが無いので、1時前に納竿して港に帰ってきた。釣果を等分すると、20cm級〜40数cmのマダイが1〜2尾という情けない結果に終わった。(涙)

もうちょっと釣りたかったなぁ。(苦笑)

 ここんところ、うちのクラブの釣果はパっとしない。どこかの神社でお祓いでもしてもらおうかな。(苦笑) でも、闘志は衰えてぇしまへんでぇ。
  (↑強がりにしか聞こえないけど)


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。