鳴門海峡のマダイ釣り 2018
  ( 2018.05.26 )

 約1年ぶりに鳴門海峡のマダイ釣りに行ってきました。直前のネット情報では「あまり釣れていない」とのことでしたが・・・。

釣り上げたばjかりのマダイ。(30cm)
天然マダイ特有の、パールピンクの体色が美しい。



早朝に亀浦漁港を出船

 釣りクラブのメンバー4人にゲストを加えた5人が徳島県鳴門市の亀浦漁港を出船した。5時半だった。辺りはすっかり夜が明けている。なのに、身体は起きているけど、頭はまだ眠っている感じ。(笑)

出船前のひととき。
みんな仕掛けのセッティングに余念がない。


鳴門海峡は朝もやにつつまれて

 港を出て西(播磨灘)へ向かう。ほどなく大鳴門橋の西方数100mのポイントに到着。辺り一面朝もやに包まれて橋もよく見えない。もやの中にぼやりとしたシルエットが見えるだけ。なんとなくイヤな予感が・・・。

大鳴門橋がぼんやりと見える。


ポツポツとマダイが

 ゲストの圭三さんが先ず1尾めを。20数cmのカスゴクラスだが、マダイには変わりは無い。続いて信行さんが。その後もポツポツと上がるものの、数が伸びない。半時間に1尾くらいのペースで誰かが上げるだけ。



圭三さん

 他の人に比べて釣りの経験は浅いのに、いつもケッコウ釣る。



信行さん

 一昨年はここで数尾を上げたので、今回も気合いを入れて・・・。


大賑わいの鳴門海峡
 小型のタンカー・貨物船・渦潮見物の観潮船・釣り船・・・。
大鳴門橋の下の鳴門海峡は大小様々な船が行き交って大にぎわい。



 

水谷さん

 いつもはよく釣るのに、今日はイマイチ調子が・・・。




後藤さん

 クラブの会計担当。
いつ釣ったか分からないうちに、終わってみればキッチリ釣ってる。

BUNさん 23〜30cmのマダイ(カスゴ)を4尾釣って竿頭に。


12時過ぎに納竿して帰港

 釣れない。本当に今日は釣れなかった。船頭さんはあちこちとポイントを移動してくれるが、どこに行っても釣れないので、12時過ぎに納竿した。港に帰って釣果を等分すると、20〜30cmのマダイ(カスゴ級)が2尾ずつしか当たらなかった。(涙)

えらく寂しい釣果やなぁ。(苦笑)

 釣りのページを作るのは久しぶりです。その間、クラブでは何回か釣行したのですが、私が体調不良で参加しなかったり、余りにも少ない釣果のためにページにならなかったりで、約1年ぶりの更新となりました。だから、もうちょっと釣りたかったのですが・・・。


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。