明石海峡のマダコ釣り 2018
  ( 2018.08.18 )

 我が堂島フィッシングクラブの夏の定番メニューである、「明石海峡のタコ釣り」に行ってきました。お天気の方は最高に良かったのですが・・・。

釣り上げられたばかりのマダコ



港の岸壁は釣り客でいっぱい

 堂島フィッシングクラブのメンバー7人が早朝の明石浦漁港に集まった。タコ釣りはそれほど難しい釣りではないし、食べて美味いので、釣り人には大人気。港の岸壁は大型の乗合船への乗船を待つ釣り人であふれかえっている。私たちはその人たちを尻目に、12人乗りの小さな釣り船(仕立て船)に乗り込んだ。

 港の岸壁は釣り客でいっぱい (私たちが乗った船から撮したもの)


日の出前の海峡を西へ向かう

 5時過ぎに港を出て明石海峡を西へ向かう。目指す釣りポイントは東二見の沖合(播磨灘)。トモ(船尾)に座って来し方を振り返れば、船のスクリューが巻き上げた白波の向こうに、茜色の空をバックにした明石海峡大橋のシルエットが浮かんでいる。期待に胸を膨らませた釣り開始前のひとときだ。

茜色の空をバックニした明石海峡大橋

 タコ釣りの仕掛け

 港を出て40分ほどで本日の釣りポイントに着いた。釣りを始める前に、ここでタコ釣りの仕掛けのご紹介を。仕掛けは2種類あって、一つはタコテンヤと呼ばれる伝統的な仕掛け。もう一つはタコエギと呼ばれる最近使われ出したもの。(下の写真をご参照あれ) 今日の7人のうち5人は最初から最後までタコエギを使い、2人はタコテンヤとタコエギの両方を使った。私の場合は両者に釣果の差はなかった。

タコ釣りの仕掛け
タコテンヤ
糸で結わえてあるのは鶏の手羽中。
タコがこれに乗ったら左の鈎で引っかける。
タコエギ
魚の形をした疑似餌に掛け鈎が
付いている。これでタコを引っかける。


タコの乗りが悪い、釣れないぃ〜〜!

 一投目から私にきた。700〜800gほどの中型のマダコだ。程なく周りの仲間も釣り上げはじめた。だが、「次々と・・・」という訳にはいかない。ポツポツと、というかごくたまぁに竿が立つだけ。

 おかしい。いつもの年と様子が違う。いつもなら船中の誰かが間断なく次々と釣り上げるのに、今日はタコの乗りが悪い。船頭さんに聞くと、「今年はタコが少ない」という。理由は分からないとのこと。ま、それでも何杯かは釣れたので、メンバーの姿を載せますね。



松山さん




    伊藤さん


水谷さん 7ハイ釣って今日の竿頭

空には秋のような雲が
各地で続いた猛暑が影をひそめ、今日は朝から涼しかった。
空には真夏の入道雲はなく、まるで秋の空のようだ。

山 内 さ ん



角田さん



  栗原さん

BUNさん


釣果はいつもの年の1/4だった

 11時半に納竿して、港に帰ってきた。全員の釣果を等分すると、200g級の小型から800g級の中型サイズまでのタコが、一人あたり4〜5ハイあたった。いつもの年なら20パイも持って帰るのに。(涙)



 世の中は何でもそうだけど、思い通りにいかないのが常ですね。今回のタコ釣りには参りました。他の釣りの不漁を一気に吹き飛ばしてくれるのがタコ釣りのはずだったのに・・・。また来年に期待することにしますわ。(←気の長い話し)


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。