明石海峡のタチウオ釣り 2018
  ( 2018.11.17 )

 晩秋の一日、明石海峡へタチウオ釣りに行ってきました。曇天(&小雨)の予報が良い方に外れて、秋空の下でタチウオ釣りを堪能してきました。

釣り上げられたばかりのタチウオ
どこから見ても、どう猛な顔つきをしている。(笑)



早朝の6時前に出港

 堂島フィッシングクラブのメンバー7人が早朝の6時前に明石浦漁港を出船。11月の半ばともなると日の出が遅く、あたりはまだ真っ暗だ。今日の狙いは当初はカワハギ(ウマヅラハギ)だったが、釣況がイマイチということでタチウオ釣りに切り替えた。港を出て釣りのポイントである神戸市の須磨沖へ向かう。

 真っ暗な中、釣りポイントの須磨沖へ向かう


ポイントには釣り船がいっぱい

 6時半ごろに釣りポイントの須磨沖に到着。辺りはタチウオ釣りの船でいっぱいだ。私たちも仕掛けをセットして第一投。釣れるかな?(笑)

須磨沖に集結したタチウオ釣りの船


みんな快調に釣り上げた

 釣り始めてすぐに後藤さんがタチウオを釣り上げた。それもダブルで。その後も間断なく誰かが竿を曲げ、久しぶりに船内は大賑わいになった。
ムフフ ・・・(笑) ←久しぶりの笑顔

後藤さん タチウオをダブルで


水谷3兄弟



水谷さん(長兄)



    信行さん






圭三さん

明石海峡は船の通行量が多い この船は小型のタンカーかな?
 (後ろに見えるのは須磨の鉢伏山)



山内さん
 クラブの会長さん
タチウオを22尾釣って本日の竿頭に



  角田さん

BUNさん(21尾で惜しくも2位)(笑)


12時半に納竿

 タチウオ釣りを10時半ころに切り上げ、本日の本命であるカワハギ(ウマヅラハギ)を狙ったが全くといいほどアタリがなく、12時半頃に納竿して港に帰って来た。釣果を等分すると中型〜大型のタチウオが1人当たり10数尾あたった。久しぶりの大漁になった。(笑)



 この前のマダコ釣りでは涙を呑んだが、今日はタチウオが大漁になった。みんな「どこに配ろうかなぁ」と嬉しい悲鳴を。 ま、たまにはこんなことも無いとね。(笑)


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。