明石海峡のメバル釣り 2019
  ( 2019.03.30 )

 春先に釣りのシーズンを迎えることから、釣り人の間では”春告魚”と呼ばれる魚「メバル」。そんなメバルを釣りたくて明石海峡へ行ってきました。釣り宿 鍵庄の新造船に乗ったのですが、果たして釣果の方は???

釣り上げたばかりのメバル。
ヒレの全てを逆立てて、いかっている。



6時前に明石浦漁港を出船

 クラブのメンバー6人にゲストを加えた7人が早朝の6時前に明石浦漁港を出船。辺りはかなり明るくなっている。今日乗る船は釣り宿「鍵庄」さんが新造した新艇だ。いつも乗せてもらう小船(釣り座が10席)とは勝手が違い、馴れない船では何だか落ち着かない。(笑) 港を出て西に向かう。


明石海峡大橋の西方で釣り開始

 半時間近く走って、本日の釣りポイントである林崎沖(明石海峡大橋の西方)に着いた。空はどんよりと曇って肌寒い。生きエサ(シラサエビ)を付ける人、生きエサは付けずに疑似餌(サビキ釣り)で釣る人・・・それぞれに期待を込めて第一投。

どんよりとした曇り空 対岸の町並みもハッキリ見えない。


メバルの食いが渋い

 釣り始めて直ぐに何人かが本命の魚(メバル)を釣り上げたが、後が続かない。1時間半くらい流しただろうか、船頭さん(若いT君)が「そろそろガシラ(カサゴ)釣りに行きましょうか」と言ったので、全員それに従うことに。予想していた通りメバルの食いは渋く、早々とガシラ釣りに切り替えた。

  今日はあまり写真を撮らなかったので、会長の山内さんが写した
  写真も使わせてもらいました。

 船首部に座った3人

水谷さん 何を釣らせても上手い。
今日もガシラを11尾釣って竿頭になった。

信行さん 花粉症がひどくてマスクを。
今日はメバルとガシラを合わせて9尾釣って、2位タイに。

圭三さん ゲストだけど、準会員のように参加回数が多い。


ちょっと箸休め 鍵庄の新艇について

 今日私達が乗せてもらっている船は定員(釣り座の数)が18人の中型の釣り船だ。いつも仕立て船として乗せてもらっている小船(定員10人)と、親船(40人乗りの大型の乗合船)の中間の大きさだ。強いて言うなら、”小型の乗合船”といったところか。
 朝の出船時はうす暗くて、下船後は雨が降っていたので船の全体の姿の写真が撮れなかったのが残念。

胴の間から船首を (奥に見えるのは明石海峡)

釣り座ごとに生け簀が備えられている。見えている魚は
ガシラ。水圧調整が上手く行かずに腹を見せて浮いてる。

船尾の様子。釣り座の間隔も広くて、全体にゆったりしている。


 船尾部に座った4人

山内さん クラブの会長さん。 釣りの知識やテクニック、
クラブ運営への熱意・・・のどれをとっても会長職にピッタリな人。

角田さん 間質性肺炎に罹ってとかでマスクを。

河野さん 若手のホープ。良型のガシラをダブルで。

BUNさん メバル1+ガシラ8で、惜しくも?2位に。(笑)


12時に納竿した

 11時半ごろ、空模様が怪しくなって雨が降り出したので12時に納竿。港に帰って全員の釣果を合わせると、本命のメバルは5尾だった。(5人が1尾ずつ) だけど、ガシラがそこそこ釣れたので、等分するとメバル混じりに18〜25cmのガシラが8尾ほど当たった。
 シーズン幕開けの釣行としてはいささか消化不良な釣りになったが、うちのクラブとしてはこんなもんでしょう。(←変に悟ったところが何とも、もの悲しい・・・苦笑)





           全員の集合写真

   雨が降っていたので急いで帰り支度をしたため、
   集合写真が撮れませんでした。



 今年初の釣行はご覧のような結果になりました。釣り宿鍵庄さんの新造船に乗せてもらうということになった時、新艇就航のお祝いの意味もあって、できるだけ大勢の参加者を期待しました。

 なのに当初は何やかやの理由で「行かない/行けない」人が続出したので、一時はどうなることかと気を揉みましたが、最終的に7人の参加者になり、何とか格好がついてホっとした次第。鍵庄さんとは40年来のお付き合いがある私としては、釣果よりも新艇の方が気になった例会(釣行)ではありました。(笑)

 全くの余談ながら、今日(4/1)の昼前に5月1日から始まる新元号が発表されました。「令和」(れいわ)です。「うん、いいんじゃない?」という第一印象ですが、果たしてどんな時代になるのでしょうか・・・。


 釣りバカ日誌のメニューページに戻る
   他のページへ移る場合は左のメニューをクリックしてください。